-足の臭いには重曹とクエン酸?!二度と足が臭わなくなる理由

こんな悩みを一発解決!!

・足が臭くてどうにかしたい!!
・クサイ靴下を捨ててしまいたい!!
・靴についた臭いが取れない!!

ここではそうした悩みを解決します。

重曹で消臭?!下駄箱の臭いけしを簡単に成功させる方法

足が臭くてたまらない。

当然、下駄箱なんて
開けられたものじゃない!!

そういった悩みを抱えていませんか。

足の臭いは、靴下や
靴を臭くします。

毎日洗濯できる靴下はまだしも
靴についたニオイは
最悪です。

玄関先で悪臭を放ち、
下駄箱をくさくします。

外出先で靴を脱ごうものなら
周囲の人が眉をひそめてしまうでしょう。

こうした臭いの問題は
多くの人が悩むところです。

しかし、簡単に解決できる、
そういった方法があるのです。

中でも初めに取り組みたいのが
下駄箱の消臭。

下駄箱の消臭は、足の臭い問題の中でも
最も簡単に解決できます。

その方法は、とてもシンプル。

掃除などに使う重曹を
小皿などに入れて
下駄箱に置いておくだけ。

注意点は、小皿が落ちたりして
割れないようにすること。

これだけで、靴箱の消臭が
可能なのです。

クサイ靴下!!一緒に洗っても大丈夫?気になる洗濯法

次に気になるのが、
クサイ靴下の処理。

靴下は毎日履き替えます。

それだけに、
洗濯方法が気になるもの。

足の臭いがひどい場合、
靴下や靴に臭いがしみついています。

下駄箱の消臭は
重曹で可能です。

しかし、靴下はどうしたらよいのでしょうか。

くつしたの消臭は、
洗濯の時にしっかり洗うのが
一番です。

しかし、問題は、
はいている間に
また臭くなること。

そもそも、靴下の臭いは
足と靴の臭いが
靴下にうつったものなのです。

そのため、くつしたの消臭だけしても
根本的な解決にはなりません。

しかし、脱いだ靴下が臭くてたまらない。

そういった場合には、
しっかり手洗いする。

つけおきして
綺麗に洗う。

こうした方法で
一度ついたニオイはとることができます。

臭いの元は靴だった!?靴の臭いを完璧消臭する裏ワザは

普段は臭くないのに
仕事の時は足が臭くなる。

それは、靴に原因があります。

特に日本のサラリーマン、OLの場合、
仕事中は革靴やパンプスを
はいています。

革靴やパンプスは
密閉度の高い靴。

通気性が悪く
臭いが出やすいのです。

通気性が悪いというのは、
足にかいた汗で
蒸れて臭いが出ると言うこと。

靴の中で雑菌が繁殖し
臭いを発しているのです。

そうして臭いを出し始めた靴は
中にたくさんの雑菌を
抱えている状態です。

そのため、普段は足が臭くなくても
この靴を履くとクサイ。

仕事中は足が臭い。

こうした事態になるのです。

靴の中を清潔に!?臭い予防の簡単ケアの裏技は

このように靴の中の臭いを
防ぐためには
どうしたらよいでしょうか。

靴の中を衛生的に保ちたい。

そのためには、通期をよくして
殺菌するのがとても大切です。

こまめに靴を脱ぐことが出来る人なら
仕事中は通気性のよい
室内履きにするのもおススメです。

そうはいかない。

そういった場合は、
仕事が終わった後の時間などに
通気をよくして干しておきましょう。

可能であれば、天日干しが
おススメです。

一週間に一度でも
天日干しをすると
靴の中が殺菌されます。

ココで気を付けたいのは
革靴のケア。

革靴の場合は、痛みを防ぐため
陰干しするようにしましょう。

干した後、靴の中敷きなどを
消毒しておけば
殺菌効果が高まります。

足の臭いは足裏ケアから?!話題の簡単ケアクリームの正体は

このように、靴やくつした、
足の臭いは、ケアする事で
消臭できます。

しかし、大切なのは
足から臭いの元を取り去ること。

いくら靴下や靴を
消臭しても
足から臭いがでては、元通りです。

そうならない為に、
臭いは元から絶つ必要があるのです。

足の臭いは、主に汗や蒸れ、
雑菌の繁殖が原因です。

そのため、こうした症状へのケアが
有効なのです。

足の臭いけしのために
人気なのが、ノーノースメル。

ノーノースメルでは、
臭いの原因となる雑菌を殺菌し、
制汗、ケア、消臭を行います。

その効果は、なんといっても
折り紙つき!!

特にケア効果のある
足の消臭クリームは
他にありません。

足の角質ケアをすることで
雑菌の繁殖が抑えられ
臭いが根本から消えるのです。

大人気!!今すぐノーノースメルを使った方がよい3つの理由

こんな悩みを一発解決!!

・殺菌、制汗、角質ケア、消臭が一度にできる!!
・朝晩塗るだけの簡単ケア!!
・持ち歩きも簡単でどこでも塗れる!!

足の消臭に大人気の
ノーノースメル。

今すぐ足の臭いを消しましょう!!

 

 

コメントを残す