HUAWEIvsOPPOおススメは?格安simで人気の端末徹底比較

 

 

格安SIM会社では大手三社では見かけない名前の機種が多いです。そのため実際どの機
種が良いのかよく分からないことがあります。今回は格安SIM会社で多く販売されている2
機種を紹介、比較をしていきます。
♦HUAWEI(ファーウェイ)
♦OPPO(オッポ)

♦HUAWEI(ファーウェイ)

HUAWEIは格安SIM会社で多く販売されているスマホの一つです。SIMフリースマホ市
場ではトップシェアを獲得している中国のメーカーです。日本では最近よく名前を聞くよ
うになってきたメーカーです。スマホ端末だけではなく、タブレット端末の性能も注目さ
れています。HUAWEIでは現在4つのシリーズに分けることでそれぞれ特徴を持たせて差別
化を図っています。
(展開しているシリーズ)
⑴Mateシリーズ
高価格でハイスペックなシリーズを出しています。比較的ディスプレイも大きく上位クラ
スのモデルです。HUAWEIのシリーズの中ではフラッグシップモデルに位置付けられてい
ます。
※フラッグシップモデル:高品位の機能、性能、品質を兼ね備えていること
ドイツのLeicaと共同開発したデュアルカメラ搭載されている端末もあります。技術・ビジ
ネスをコンセプトとしています。
⑵Pシリーズ
Mateシリーズ同様でLeicaのデュアルカメラを搭載しています。他のシリーズと比べると
カラーバリエーションが多いのが特徴です。Pシリーズは他のシリーズとは異なり、Pシリ
ーズ内で上位モデルと下位モデルが準備されています。
⑶novaシリーズ
スペックや価格を少し抑えたモデルを準備しているシリーズです。セルフィーやオーディ
オに力を入れており、若者・エンターテイメントをコンセプトにしています。
⑷honorシリーズ
ややハイスペックモデルが多いのですが、その中でも価格を抑えたシリーズです。若者を
ターゲットにしていて、デザイン性がコンセプトになっています。
過去には「GRシリーズ」というコストを抑えたシリーズがありました。しかし、今では
上記の4つのシリーズで分けられています。現在格安SIM会社で取り扱いされている端末は
「Pシリーズ」と「novaシリーズ」です。
(例)HUAWEI P30 lite
本体保存できるデータ容量は64GBでRAM(処理速度)は4GBです。どちらとも現在発
売されているスマホの中では平均的な数値ですが、料金は約3万円ほどで購入ができます。
この機種はバッテリー容量が大きく、3340mAhあり、トリプルカメラ搭載しているので
綺麗にカメラを撮ることができます。
HUAWEI novaシリーズではPシリーズの半額ほどの料金の端末もあります。

♦OPPO(オッポ)

日本ではまだあまり聞かない名前の会社です。元々はDVDプレイヤーやMP3プレイヤー
を取り扱う中国の会社でしたが、2008年に携帯業界に進出しています。OPPOは設立した
のが2004年でまだ歴史の浅い会社ですが、携帯業界に参入したことによって急成長した会
社です。現在では世界4位のシェアを誇り、日本には2018年1月31日に進出したばかりで
す。
スマホを使いこなしている若い世代のニーズを重視してスマホ開発をすることでシェア
率が増え、急成長できたと考えられます。力を入れている機能がカメラと急速充電です。
⑴カメラ
ユニークなカメラ機能を搭載している端末が多く、利用シーンに合わせてカメラが自動
で機能を変更してくれます。
・5000万画素のカメラを搭載している機種「Find7」
最大でも2000万画素から3000万画素の間の画素数を搭載している機種がほとんどの
中、これだけ大きな画素数を搭載している機種はなかなかないです。
・カメラが自動的に回転して手ブレを防いでくれる機種「N3」
・デュアルカメラ搭載機種
現在この機能を搭載しているOPPOの機種は多く、明るさによって画素数を自動的に変
更してより綺麗な写真を撮れるようになっています。
(例)昼1600万画素→夜や暗い場所では2000万画素で撮影
セルフィーカメラにも力を入れていたり、年齢や性別、肌の色など様々な条件に合わせ
てより美肌に写真が撮れるように美肌効果を自動適応してくれる機能などもあります。
⑵急速充電
OPPOでは安全性を保ちながら素早く充電ができる独自の技術「VOOC」が会社を躍進
させる要素の一つになっています。5分間充電で2時間の通話ができるようになる機種はそ
の充電の速さで2016年に中国などで大ヒットしました。
OPPOでは、iphoneXを強く意識した機能やインターフェイスを多く採用していて、フ
ロントカメラでの顔認証やロック解除を素早くできる、画面中央から上にスワイプするこ
とでホーム画面に戻る機能などがついています。他にも、強い日光の下でも文字が読める
機能の「サンライトスクリーン」やゲームを快適にプレーできるようにタッチの反応を最
速化した「タッチブースト」機能など、若者に特化した機能が多くあります。
日本ではまだあまり名前を知られていない会社ではありますが、若い世代の人が付いて
いると嬉しいと感じるユニークな機能が沢山あります。
格安SIM会社で取り扱いのあるスマホはまだまだ知られていない会社も多いですが、人
気スマホにはないユニークな機能があったり、年代や利用シーンに合わせて特化して作ら
れた機種も沢山あるります。そのため、機種も自分にあったものをより選ぶことができる
可能性があります。安いから機能がよくないわけではないため、一度機種の性能について
調べてみると良いかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました