LINEモバイルvsBIGLOBE/圧倒的●●で人気の格安sim徹底比較

今回はたくさんある格安SIM会社の中でBIGLOBEモバイルとLINEモバイルの2社の比較を
してみたいと思います。

♦LINEモバイルの仕組み
♦BIGLOBEモバイルの仕組み
♦BIGLOBEとLINEモバイルの比較

♦LINEモバイルの仕組み

LINEモバイルはSNSの利用が多い方にオススメの格安SIM会社です。SNSが使い放題な
のは学生さんにも嬉しいですね。LINEモバイルは大手三社の通信が利用できます。
(契約プラン)
LINEモバイルのプランはシンプルに3つです。
⑴コミュニケーションフリー 月額1110円~
SNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)が使い放題
SNS以外で利用できるデータ量で料金が変わります。
データ通信専用SIM3GB利用で1110円、音声通話SIM3GB利用で1690円
※データ通信専用SIMでもLINE通話は可能です
⑵LINEフリー  月額500円
LINEアプリのみ使い放題で、1GBのデータ通信量が付いているプラン

⑶MUSIC+ (ミュージックプラス)  月額1810円~
コミュニケーションフリーにプラスLINEMUSIC(一部)が使えるプラン
それ以外に利用できるGB数で料金が変わります。
データ通信専用SIM3GB利用で1810円、音声通話SIM3GB利用で2390円
LINEMUSICの全てのサービスを利用したい場合はプラス750円で使える
最低ワンコインで利用でき、SNSは沢山利用するけれど他はあまり使わなかったり、自
宅のWi-Fiを利用するためデータ量少なくていい方には最適です。また、SNSを沢山利用
する学生さんには格安SIM会社の中でもLINEモバイルはオススメですね。
(オプション)
⑴10分電話かけ放題  月額880円
誰とでも10分以内かけ放題
※LINE通話はもともと無料なので、LINEモバイルを利用する場合は必要はないかもしれま
せん。
⑵Wi-Fiオプション  月額200円
全国約49000箇所の無線LANサービスを使うことができる
⑶ウイルスバスターオプション  月額420円
日本PTA全国協議会が推薦しているウイルスチェックをしてくれるソフト
通信料のチェックや不正サイトのブロックをしてくれる

♦BIGLOBEモバイルの仕組み

BIGLOBEモバイルはドコモ回線もしくはau回線のどちらかを利用できます。
(プラン)
基本のプランの3タイプから選び、必要なオプションを加えていくプランです。データ通信
量で料金が変動します。
⑴ドコモ回線利用の場合
・音声通話SIM(音声+データ+SMS)
1GB利用で1400円、最大30GB利用で7450円
・データSIM+SMS
3GB以上からしかデータ量を選べない
3GB利用で1020円、最大30GB利用で6870円
・データSIMのみ
3GB以上からしかデータ量を選べない
3GB利用で900円、最大30GB利用で6750円
⑵au回線利用の場合
音声通話SIMとデータSIM+SMSはドコモ回線と同様ですが、au回線にはデータSIMのみ
はありません。
※回線の速度についてはどのタイミングでも同じ速度で利用できるのはドコモ回線で、au
回線では時間帯によっては低速になってしまうことがあるようです。
(オプション)
⑴「BIGLOBEでんわ」アプリからの通話で通話料が安くなる  月額無料
国内通話30秒9円 ・ 海外通話30秒20円(不課税)
海外の地域ではごく一部利用ができない場合がありますが、他社では地域で料金が変動
しますがBIGLOBEでんわでは変動せずに電話ができるのでお得です。
また、アプリを起動して通話をするだけで国内通話についてもとても安く利用ができま
す。

・10分かけ放題/通話パック90(90分通話無料)  月額830円
・3分かけ放題/通話パック60分(60分通話無料)  月額600円
⑵シェアSIM月額料金
毎月のご利用料金にシェアSIM月額料金をプラスして複数端末で毎月のデータ通信容量
を分け合うことができる。
基本プラン + シェアSIM月額料金
音声SIM 月額900円・データSIM(SMS付き) 月額320円・データSIMのみ 月額
200円
※最大4枚まで追加可能。3GB以上のプランでないと追加できない。
⑶あんしん電話フィルター  月額300円
安全な電話かどうか通話に出る前に画面に表示してくれるサービス。未登録のお店や会
社の番号も表示してくれて、セールスや詐欺電話には警告を出してくれます。
色別に表示してくれてとてもわかりやすいです。また、自分にあったレベル(3段階)で
設定することができます。
⑷セキュリティ・プレミアム  月額380円
不正アプリ・ウイルスに素早く対応してくれます。
⑸インターネット詐欺ウォール  月額300円
ワンクリック詐欺やフィッシング詐欺などの警告を表示してくれるサービス。
BIGLOBEモバイルの良さは通話の安さです。他社では国内通話の平均通話金額は30秒
20円、海外では国や地域によって高額な金額がかかってしまいます。BIGLOBEモバイルで
は国内は30秒9円という安さに加えて海外の通話は国や地域に限らず一律30秒20円ととて
もお安いです。

♦BIGLOBEとLINEモバイルの比較

では、それぞれのメリット・デメリットを比較していきたいと思います。
⑴フィルタリングサービスは共通の「i-フィルター」を提供
学生さんが利用する際に必要なフィルタリングサービスについては両者ともに「i-フィル
ター」を提供しています。LINEモバイルでは無料で利用できますが、BIGLOBEモバイルで
は月額200円の利用料金が必要となります。
LINEモバイルでは「i-フィルター」の他にセキュリティーとして、ウイルスバスターオプ
ション(月額420円)があり、不正サイトもブロックなどをすることができます。
BIGLOBEモバイルはLINEモバイルより多くの独自で提供しているセキュリティーサービ
スがあります。中でも、「あんしん電話フィルター」(月額300円)は便利で、連絡帳に
登録していない番号も検索しどこからの電話なのか事前に知らせてくれるので、迷惑電話
に出ずにすみます。BIGLOBEモバイルの方が料金はかかりますが、安全性は高いように感
じます。
しかし、「i-フィルター」自体でもwebフィルタリングやウイルスの検知をすることはで
きますので、有料でのサービスを契約しなくても十分学生さんの利用制限は可能です。
⑵料金はLINEモバイルが安い
基本プランの料金で比較するとあまり変わりはありませんが、BIGLOBEではフィルタリ
ングサービスの料金がかかったりとトータル金額で比較するとLINEモバイルの方がお安く
利用ができます。
※同じプランで比較した場合
プラスしてLINEモバイルの場合はSNSが使い放題で、選択するデータ量はSNS以外に利
用するデータ量となりますが、BIGLOBEモバイルはSNSでの利用データ量も選択するデー
タ量に含まれます。そのため、LINEモバイルの方が選択したデータ量より多くのデータ通
信をすることができます。
⑶通話について
通話についてはLINEモバイルではLINEアプリを利用すれば無料で24時間通話が可能で
すが、それはあくまでもLINEを知っている人にしかできません。通常の通話をする場合に
は通話した分だけ通話料が発生します。
「BIGLOBEでんわ」を利用すれば、国内通話30秒9円ととても安い金額で通話ができま
す。電話番号を知っていればどこにかけても30秒9円なので、LINEモバイルよりお得で
す。
⑷乗り換えのしやすさは?
乗り換えは大手三社全ての回線が選択できるLINEモバイルが乗り換えしやすいです。ド
コモ・ソフトバンクからの乗り換えであれば端末のSIMロック解除も不要で乗り換えがで
きます。
BIGLOBEモバイルではドコモ回線利用の方は乗り換えしやすいかもしれませんが、他の
回線の場合は乗り換え前に手続きが必要となります。
⑸取り扱い端末
格安SIM会社では取り扱い端末が限られてきます。特にiphoneは新しい端末は取り扱っ
てませんので、新しい端末がいい場合はSIMフリー端末を別途購入が必要となります。
現在(2020年1月)それぞれ取り扱っている端末はLINEモバイルではiphone6s、
BIGLOBEモバイルではiphone7の取り扱いがあります。BIGLOBEの方が一世代新しい端
末を扱っています。そのため、最新ではありませんがBIGLOBEモバイルの方が機種の取り
扱いは良いですね。
料金や利用に関しては特に学生さんが利用する場合はLINEモバイルが最適かと思いま
す。BIGLOBEモバイルは格安SIM会社ではありますが、Yモバイルなどのように少し大手
三社に近い料金体制になっているように感じました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました