格安simで後悔?スマホ乗り換え不安解消の驚くべき秘訣とは

格安simで後悔?スマホ乗り換え不安解消の驚くべき秘訣とは

★記事タイトル
<格安SIMに変えても後悔ゼロ!不安なく乗り換える秘訣は> 1通目

スマホは便利ですが月々の使用料金は気になりますよね。通信料を抑える方法の一つが格安SIMにのりかえること。ただ、値段にこだわった結果、のりかえ前より不便になり後悔はしたくはない。しっかりとポイントをチェックしていきましょう。

・格安SIMってどこで出している?どこが安いの?
・格安SIMに変えて後悔することは?デメリットはないの?
・格安SIMのそれぞれの特徴は?何が違うの?

これらのポイントをこれから確認していきます。

◆格安SIMの事業者を紹介
格安SIMとはSIMカードを利用したインターネット通信や通話サービスを提供しているモノで、大手携帯キャリアより低価格で提供しているモノを言います。

格安と聞くと『サービスが低品質なのでは』と不安になる方もいると思います。
しかし、『UQモバイル』はauなどで知られるKDDIグループの会社。『Yモバイル』はソフトバンクグループ。『LINEモバイル』は通信アプリの『LINE』を提供しているLINE株式会社。『OCNモバイルONE』や『BIGLOBEモバイル』は親会社がプロバイダー会社と通信業の大手が手掛けているもので低価格でも高い品質のサービスを提供しています。

◆格安SIMにのりかえて後悔はしない?
格安SIMにのりかえてどれだけ値段が下がるのかシミュレーションしてみましょう。
例えばdocomoですと月々1980円で使用可能なデータ量は1GBまで。しかしUQモバイルだと同じ月々1980円のプランでも、なんと3GBまで利用ができます。

これだけ大きく値段が違うなかで、不安なのは接続が悪くなったりしないかなどのネットワークエラーですよね。格安SIMは新しい事業者が多いから電波が弱かったしそうなどと思いがちですが、電波は大手キャリアのものを借りて提供していることがほとんど。
例えばUQモバイルだとauの設備を使用しているため使用可能エリアはauと同じ。

サポート面もUQモバイルですと全国に2700店舗以上を展開しているため、いざとなった時は丁寧なサービスを受けることができます。

◆格安SIM事業者、それぞれの特徴は?
多くの格安SIMの事業者がありますが、それぞれに特徴があります。どこでも大手キャリアよりはお得になりますが、それぞれの使い方に合わせた事業者を選択することでさらにお得になり後悔せずに済みます。
『UQモバイル』→通話オプションが豊富
『Yモバイル』→実店舗が全国各地に豊富
『LINEモバイル』→LINEやSNS使用量が無制限
『OCNモバイルONE』→日ごとのプランがある
『BIGLOBEモバイル』→YouTubeの使用量が無制限
とそれぞれのスタイルによって、ベストな事業者が可能です。

◆格安SIMに変えて後悔にしないためのコツ
格安SIMにのりかえたとしても、サービスが低下して不便な利用になることはありません。
そのうえで、
・事業者ごとの特徴を把握することでさらにお得に
・大手キャリアからののりかえなら多くの方が月々の料金を抑えられる

などのメリットがあるので、格安SIMへとのりかえることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました