iphoneのメリットはデータ移行と最新OS?Andoroidと徹底比較

 

日本ではiphoneのシェア率が一番多く、50%近くがiphoneの利用者です。iphoneの人気
はこれからも衰えることがないでしょう。では、iphoneを利用する利点とは何なのでしょ
うか?
♦iphoneを利用するメリット
♦データ移行の違い

♦iphoneを利用するメリット

iphoneにはAndroidスマホにはないメリットがあります。iphoneの人気の理由にはデ
ザイン性の良さ、若者ウケする機種のデザインと言う理由があるため、見た目だけで
iphoneを選んでいる人もいるでしょう。
⑴綺麗なカメラ
最新のiphoneのカメラはとても躍進しています。今までiphone8までのカメラは他の
Androidスマホと比べて大きな違いや、引き離せるほどの機能はありませんでした。しか
しiphoneX以降のカメラは他のAndroidスマホよりもとても綺麗に撮れるようになりまし
た。特に最新のiphone11ではポートレートがとても綺麗に撮ることができます。スマホの
カメラでは夜写真を撮ることが難しかったのですが、今のiphoneでは夜でも明るく肉眼で
見ている景色に近い映像をカメラで着る撮ることができます。Androidスマホでも夜でも
綺麗に撮れる機種はたくさん出ていますが、現行機種のカメラについてはいiphoneが一番
でしょう。
また、動画についても画質の荒が少なく、動きがスムーズな動画を撮ることができま
す。そのため、YouTubeの動画撮影も今まではデジカメを利用していたものをiphone一つ
でとるYouTuberも多くなってきました。スローモション撮影などのエフェクションも撮影
をするだけでつけることができるので、特別な技術がなくてもおしゃれな動画を撮ること
ができます。
iphoneに初めからインストールされている動画編集アプリiMovieを利用することで、画
像や動画を切ったり貼ったりするだけの簡単操作でも高等技術を使っているような動画を
作ることもできます。
⑵操作が簡単
iphoneは操作がシンプルで万人向けするバランスが取れた機種です。Androidスマホは
ホーム画面のカスタムができる分、操作が複雑になっています。iphoneでもアプリをまと
めてフォルダー分けすることはできます。
⑶常に最新のOSを利用できる
iphoneは少しの調整を繰り返して進化しています。なので、少しの調整でもOSの更新
があります。もし、不具合があった場合でもOSの更新が頻繁にあるためすぐに改善してく
れます。それに比べてAndroidでは更新があまりありません。そのため、不具合の改善に
時間がかかってしまうのです。
また、iphoneは新しいOSをどの端末でも基本的に利用することができます。端末によ
ってのOSの上限はありません。しかし、Androidスマホには端末を購入する時に最大更新
できるOSが決まっています。そのため、最新のOSが利用できない場合があります。
最新のOSを利用できないことでアプリの更新ができなかったり、利用できなくなる場合
があるのでその場合には機種を新しいものに変える必要が出てきてしまいます。また、OS
の更新をしないまま端末を利用することで充電の持ちが悪くなったり、不具合を起こすこ
とがあります。iphoneでは最新のOSに更新ができるのでその心配が少なく、端末を長く
利用することができます。
⑷アプリの安全性が高い
iphoneはアプリの提供を提供する前のチェックが厳しいので、バグが出たりアプリの強
制終了をすることが少ないです。逆に、利用できるアプリが少なくなるデメリットもあり
ますが主要のアプリは問題なく利用することができます。
iphoneではモバイルSuicaが無料で利用することができます。Androidスマホでモバイ
ルSuicaを利用すると年間1030円かかります。iphoneはまだAndroidスマホほどキャッシ
ュレスに対応しきれていませんが、iphoneならではのメリットもあります。

♦データ移行の違い

iphone愛用者の多くはデータ移行のしやすさで利用している人も多いです。iphoneで
一番利用されているデータ移行方法はiCloudです。インターネット上でデータを保存し、
移行する方法です。無料で移行できるデータ量は5GBまでです。5GB以上のデータをクラ
ウド上に保存したい場合は有料となり、次のデータ容量は50GBです。クラウドは本体に
保存できる容量とも違うため、注意が必要です。クラウド上に保存するデータは選択する
ことができます。しかし、一度クラウドに預けたデータは消すことができませんので、必
要なデータを先に選択することで不要なデータ容量を節約することができるでしょう。
iphoneはクラウドの他にPC上にiTunseを利用して保存することができます。PC上であ
れば全てのデータを保存することができます。そして、フォルダー分けすることもできるの
で、家族全員が一つのiTunseでデータを保存することもできます。
iphoneはデータのほとんどを移行することができ、インストールしているアプリも自動
的に戻すことができます。新しい機種でもう一度アプリを入れ直さなくていいので面倒な
作業を省略することができます。しかし、その分データが多いと移行に時間がかかるので
時間に余裕を持って移行する必要があります。
AndroidスマホでもGoogleアカウントを利用してクラウドにデータを預けることもでき
ますが、アプリまでは戻すことはできません。その分データの移行はiphoneの方が手間が
省けます。また、PCにもデータ移行はできますが、Androidスマホの場合はバックアップ
したデータがわかりずらかったり文字化けしてしまう場合があります。
iphoneの場合だと、中古機種でも高値で売ることができるます。価値が一定以上下がら
ないという理由で利用している人もいます。また、本体に保存できる容量が最大512GBと
とても大きいです。Androidスマホの最大は126GBが現在の最大のため、iphoneの方がた
くさんデータを保存することができます。
格安SIM会社ではiphoneの最新機種をあまり取り扱っていることはありません。OCN
モバイルONEであれば現在ではiphoneXRまで取り扱いがあります。最新機種ではありま
せんが、割と新しい機種を取り扱っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました