LINEmobile料金プラン/ドコモと比較!データ量で人気は●●

 

<LINEモバイルとdocomoの比較>
格安SIM会社と大手三社とでは違いがあります。しかし、実際どのような違いがあるの
でしょうか。今回はLINEモバイルとドコモを比較していきます。
♦両社の料金プラン
♦料金比較

♦料金プランの比較
まずは、音声専用SIMを契約した場合の月額料金をご紹介します。
(ドコモ)
ドコモの料金プランは2019年10月1日から料金プランが変わりました。(2020年3月10
日)現在では2つのギガ数からプランを選択するようになっています。
⑴データ容量
①ギガホ  月額6,980円(定期契約有り)
毎月30GBまでデータ量を利用する事ができる大容量プランです。また、30GBを超えて
速度通信がかかっても最大1Mbpsで通信ができるようになりました。以前は速度通信がか
かった場合の速度が128Kbpsでした。速度制限がかかったとしてもストレスなくデータ通
信が利用できます。しかし、アプリのダウンロードやデータ量を大量に必要な通信時には
速度が遅くなる恐れがあります。残ったデータ量は翌月に繰り越しができます。
定期契約なしの場合は月額7,150円で、差額が170円とあまりありません。長くドコモを
利用される場合は定期契約有りを継続する事での得点もあるので、定期契約有りを継続し
た方が良いでしょう。
②ギガライト  月額2,980円~(定期契約有り)
最低1GBから最大7GBまで利用できるプランです。利用したデータ量に応じて毎月の基
本料金が自動的に4段階変動するプランです。利用データ量が超えた時点で料金も上がり、
制限をかけることはできません。
・1GB未満 月額2,980円
・1GB以上3GB未満  月額3,980円
・3GB以上5GB未満  月額4,980円
・5GB以上7GB未満  月額5,980円
最大7GBを超えると、速度制限がかかり最大速度が128Kbpsとなります。制限速度時の最
大速度がギガホとは違います。
定期契約なしの場合は月額3,150円からで、ギガホと同じく差額が170円です。
家族で契約をする事でギガホ・ギガライト共に割引が入ります。「みんなドコモ割」は
同一ファミリー割引内の人数によって割引が受けられるプランです。ファミリー割引回線
が2回線の場合毎月500円、3回線以上の場合は毎月1,000円の割引が回線ごとに入りま
す。最大20回線までこの割引を受ける事ができます。データ量が足りなくなった場合は
1GB1,000円で追加する事ができます。
⑵通話料
基本の通話料は国内通話30秒20円です。海外は国や地域によって変動します。家族間の
通話料は同一ファミリー割引内の人には通話無料で電話をする事ができます。
①かけ放題オプション  月額1,700円
国内通話が24時間無料になるオプションです。1ヶ月の通話が多い方はかけ放題を選択
すると良いでしょう。目安は1回でおおよそ40分以上の通話を月に1回はする方、または1
回の通話が毎回5分は超える方です。
②5分通話無料オプション  月額700円
国内通話が5分以内であれば何度でもかけ放題になるオプションです。通話時間は5分以
内で終わるが回数が多い方にオススメのオプションです。5分を超える通話をよくされる方
はかけ放題オプションが良いでしょう。
(LINEモバイル)
LINEモバイルは2020年2月19日にプランが変更され、選べるデータ量が増えました。
回線は大手三社全ての回線から選択する事ができます。
⑴データ量
LINEモバイルの基本料金は選択するデータ量によって変わり、最低500MBから最大12GB
から選びます。
・500MB  月額1,100円
・3GB  月額1,480円
・6GB  月額2,200円
・12GB  月額3,200円
速度制限がかかった場合の最大通信速度は128Kbpsです。オプションのSNSデータフリー
契約者であれば、対象サービスは速度制限後もデータフリーで利用する事ができます。
⑵通話料
基本の通話料は30秒20円です。しかし、LINEモバイル専用の通話アプリ「いつでも電
話」を利用する事で30秒10円と通常金額の半額で利用する事ができます。申し込み不要で
アプリをダウンロードする事で利用する事ができます。(LINEモバイル契約者限定アプ
リ)緊急通報・フリーダイヤル・ナビダイヤルなど一部対象外があります。
・10分電話かけ放題オプション  月額880円
申し込みが必要です。また、申し込みご利用できるまでに少し時間がかかります。最長
で翌々日の9時以降出ないと利用できない場合があるため、申し込みは余裕を持って行う必
要があります。
⑶オプション
LINEモバイルの強みはオプションサービスです。
①LINEデータフリー  月額無料
LINEアプリ内のデータ通信が無制限で利用できます。LINE通話やLINEビデオ通話もデ
ータフリーです。
②SNSデータフリー  月額280円
LINE・Twitter・Facebookがデータフリーで利用できるオプションサービスです。
③SNS音楽データフリー  月額480円
LINE・Twitter・Facebookに加えて、Instagram・LINEMUSICもデータフリーで利用
できるオプションサービスです。
※上記データフリーには対象SNSサービスでもデータフリー対象外機能もあります。
※②③は500MBでは契約不可です。
※SIMタイプ(音声通話SIM・データ専用SIM)関わらずオプション契約する事ができま
す。
④Wi-Fiオプション  月額200円
月額200円で全国49,000ヶ所の公衆無線LANの利用ができます。マルチデバイス可能
で、LINEモバイルで契約していな端末も利用する事ができます。
♦料金比較
では、どちらの方がお得なのでしょうか。料金の比較をしていきます。
⑴データ量の比較
データ量についてはドコモが30GBと大容量のデータ通信を行う事ができます。比べて
LINEモバイルは最大12GBです。しかし、LINEモバイルでは対象のSNSがデータフリーに
なります。そのため、実際には契約しているデータ量より多くのデータ通信を行う事がで
きます。SNSを主に利用している方は、LINEモバイルの提供しているデータ量でもたりる
でしょう。サイト検索やアプリでデータ量が必要な方は12GBを超えてしまうようであれば
ドコモのギガホがオススメです。最大30GBまで利用ができ、速度制限後も1Mbpsと速い
速度を保ったまま利用する事ができるからです。
料金に関しては、格安SIM会社であるLINEモバイルが圧倒的に安いです。最大データ量
の12GBでも月額3,200円で利用する事ができます。少ないデータ量を選択する場合、
LINEモバイルであれば選択したデータ量以上利用ができず、料金も変動しません。しか
し、ドコモのギガライトはデータ量の制限をかける事ができないため、自動で最大の7GB
の金額まで上がってしまいます。毎月決まった金額で抑えたい場合にはギガライトは向い
ていません。
⑵通話サービス比較
LINEモバイルであればLINE通話でデータ量気にせずに無料で通話する事ができます。ま
た、専用アプリ「いつでも電話」を利用する事で通話料半額で利用する事ができます。し
かし、通話をメインで利用している方であれば24時間、時間関係なく通話ができるかけ放
題がある方が安心して通話する事ができるでしょう。
料金の節約をしたい方、SNSをたくさん利用する方にオススメなのはLINEモバイルで
す。ドコモで提供されているサービスについてはLINEモバイルのオプションサービスなど
でカバーできるものが多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました