simフリー端末にデメリット?楽天モバイルおすすめ端末大公開

 

SIMフリー端末という言葉は聞いたことはあるけれど、実際どのような端末なのでしょ
うか。合わせて楽天モバイルで端末購入する場合のおすすめ端末もご紹介します。
♦SIMフリー端末とは?
♦SIMフリー端末のメリットデメリット
♦楽天モバイルでおすすめの端末

 

◆端末選びはsimフリーが成功の秘訣?失敗しないMVNOとは
おススメはsimフリー端末?人気の楽天モバイル

♦SIMフリー端末とは?

キャリアで購入する端末にはSIMロックが付いています。SIMロックが付いていないこと
をSIMフリー端末というのですが、SIMロックとは購入したキャリアのSIMカードでしか
通信ができないことを言います。キャリアではなく、直接発売している店舗であればSIM
フリー端末を購入することができます。例えばiphoneであればAppleストア、Xperiaであ
ればソニーショップに行くと購入することができます。SIMフリー端末は元からどのキャリ
アのSIMカードでも通信をすることができるようになっています。SIMフリー端末はキャ
リアで購入するよりも端末料金が上がってしまうことがあります。理由としたはキャリア
で購入をする場合にはキャリアや店舗独自の割引が入ることがありますが、SIMフリー端
末は基本的に割引が入っていない正規の金額で発売されてるからです。本体の機能自体に
違いはありません。

中古端末を購入する時には契約しているキャリアでも利用できるのかを確認して購入す
る必要があります。SIMロック解除が必要だと知らずに売っている利用者もいるので中古
端末はSIMロック解除をしていな場合があります。SIMロック解除をしていないと使える
SIMカードが限られるので確認しないと使えない可能性があるので注意してください。

♦SIMフリー端末のメリットデメリット

SIMフリー端末のメリットはどのキャリアで契約しても本体の手続きなしで利用するこ
とができることです。また、どのキャリアでも利用することができるので、売る時にロッ
クがかかっているより高い金額で売ることができます。また、SIMフリー端末は直営店舗
で購入することになるため、最新機種をいち早く手に入れることができます。
デメリットはやはり金額が高いことです。割引が入らないことはデメリットです。乗り
換え先によってはキャリアで購入した以外の端末は補償を受けられない可能性もありま
す。メーカーでも補償がある場合もありますが、メーカー補償は基本1年間です。それ以上
は補償がなくなってしまいます。端末はおおよそ2年間が機械の寿命と言われています。そ
のため、長く同じ端末を利用することを考えているのであれば携帯補償は契約しておいた
方が良いです。必ず補償を受けることができるのはキャリアで購入した端末になります。
中古端末や持ち込んだ端末でも補償を受けることのできる格安SIM会社も増えています
が、故障修理に出しても修理してもらいないことがあります。ルールは契約する格安SIM会
社にもよりますが、補償に入っていても部品がない場合や修理方法が違う場合などに補償
を受けられないことがあるので注意が必要です。
キャリアで購入した端末でも、SIMフリーにすることができます。手間は少しかかりま
すができないほどではないので、高い料金をかけてSIMフリー端末を購入するよりもキャ
リアで端末を購入して利用した方が良いのではないでしょうか。違いがどこのSIMカード
で通信ができるのかということだけなので、SIMフリー端末を購入するメリットはあまり
ないようにも感じます。
SIMフリー端末を購入する理由の多くは最新機種を契約しているキャリアで扱っていな
いという理由の場合もあります。その場合はSIMフリー端末を購入するしかありません
が、人気の端末は基本的に少し時期が遅れることもありますがキャリアで取り扱われるよ
うになります。そのため購入が絶対できないということはないでしょう。

♦楽天モバイルでおすすめの端末

楽天モバイルでは人気端末から格安端末まで幅広く取り扱いがあります。
⑴人気のある端末
①Xperia Ace
Xperiaの中では少し古い機種です。現在では4万円以下で購入することができます。現在
のスマホは大きなサイズのものばかりですが、この機種は手のひらサイズで女性も利用し
やすい機種です。サイズは小さいですが、機能はしっかり搭載しています。ディスプレイの
画質がとても綺麗で、黒色がはっきりしているのでより画像がくっきりしているように見
えます。白と黒の色がくっきり映るので普通に撮影した写真も綺麗に撮ることができま
す。
バッテリー容量は約2700mAhと平均ぐらいですが、充電を長持ちできるような機能が
付いているため、思っているよりもたくさん使うことができます。「いたわり充電」と
「STAMINAモード」の2つのモードでバッテリーの長持ち効果があります。
「いたわり充電」とは満充電時に充電を一時ストップしてバッテリーの負荷を軽減するこ
とができます。また、利用者の充電習慣に合わせて充電完了時間の調節もできます。
「STAMINAモード」は一部の動作を制限することで、電池の消費を抑えることができま
す。
便利な「サイドセンス」機能では、画面の端にダブルタップをするとユーザーが次に使
いたいアプリを予測して表示することができます。アプリを探すことなくスムーズに次の操
作を行うことができます。
②Galaxy Note10+
本体価格が約12万円と高価格ですが、その分高スペックで人気のある機種です。ビジネス
ようでスマホを利用している人にはとても便利な機能がたくさん付いています。最近では
Galaxy Noteも頻繁に発売されていますが、以前は人気はあっても開発に時間がかかりな
かなか発売がすぐにされなかった機種です。本体に保存できる容量はAndroidスマホの中
では大きい256GBあります。現在発売されている機種では平均データ保存量は64GBなの
で、Galaxy Noteはとても大きいです。
ディスプレイは有機ELになっているため、画像をとても綺麗にみることができます。
Galaxy Noteの特徴はタッチペンが付いていることです。この機種では今まで以上に書き
心地が本物の紙のようにスムーズでズレなく書くことができます。タッチペンを抜いただ
けで本体のメモ帳を起動してくれるため、急にメモが必要な時でもすぐに対応することが
できます。雨の中でも機能し、画面に水滴がついていてもスムーズに書けることは変わりま
せん。
⑵格安端末
①OPPO Reno A
最新機種ですが、4万円以下で購入ができる格安スマホです。格安SIM会社で取り扱いの多
い端末です。名前はまだあまり知られていませんが、ユニークで便利な機能がたくさん搭
載しているスマホです。本体データ容量は128GBあり、大容量のデータを保存することが
できます。バッテリーも3600mAh搭載しているため、本体の金額よりもスペックの方が
優っているスマホです。
ゲームをする方には嬉しい機能も搭載しています。快適にプレーできるように反応を高
速化する「タッチブースト」機能が搭載されてあります。カメラ機能には年齢や肌の色など
に合わせて美肌効果を適応してくれる機能もついています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました