端末選びに要注意!格安simで機種変更するときは●●せよ

現在格安SIM会社で契約している方も多いです。料金も安く、多種多様なサービス、プラ
ンがあるため利用に合わせて契約ができます。しかし、格安SIM会社で機種変更する場合
には注意が必要です。
♦一般的な機種変更時の注意事項
♦格安SIM会社で機種変更する時に必要な注意点

♦一般的な機種変更時の注意事項

一般的に機種変更をする際にはデータの移行など注意点があります。
⑴データ移行
新しい機種にデータを移すために引き継ぎ設定をする必要があります。電話帳や写真で
あればクラウド上やAndroidスマホはSDカードにデータを移すことができます。クラウド
上にデータを保存するにはアカウントが必要になります。そのため、アカウントを忘れて
しまうとデータは移すことができなくなりますので注意が必要です。クラウドを利用する
場合はWi-Fiが必要となりますので時間がある時に行う必要があります。PCにデータを移
行する場合は、Androidスマホは特に文字化けしていないか確認しておきましょう。
iphoneについてはiTunesにデータを保存した時に、すべてのデータが保存されているかの
確認をしましょう。設定によっては一部しかデータのバックアップを設定されていない場
合があります。また、違う場所に保存される場合もありますので、バックアップ後はデー
タの確認を必ず行ってください。
また、アプリを移行する必要もあります。アプリは一つづつ引き継ぎ設定が必要になり
ます。引き継ぎをしていないとデータは戻りません。また、電話帳や写真など本体に保存
されているデータについては本体から削除しない限り見ることができ、後からデータを新
しい本体に移行することができます。しかし、アプリについては機種変更の手続きをする
前に引き継ぎの設定をしていないとデータが消えてしまう可能性があります。
⑵アカウントの確認
引き続き利用するアカウントについてはIDとパスワードの確認をしておく必要がありま
す。グーグルアカウントやアップルIDの他にも、利用しているサイトのアカウントなどがあ
れば確認しておく方が良いです。ネット上で登録しているサイトについても再ログインが必
要があります。
一般的に必ず必要な準備になります。両方とも機種変更をする前に準備しておいてくだ
さい。そして、手続き前にしておくことで手続き時間も短縮することができるでしょう。
もし、クラウドからデータを復元する場合はWi-Fiと時間が必要です。クラウドに保村して
いるデータの量が多いとその分時間がかかります。少しでもWi-Fiが切れてしまうと、デー
タやアプリが戻ってこない場合があります。途中からデータ復元をできない可能性があり
ます。そうなると、データが戻ってこない可能性があるので注意が必要です。

♦格安SIM会社で機種変更する時に必要な注意点

格安SIM会社でも機種変更することは可能です。しかし、どこでもできるわけではない
のです。格安SIM会社の新規契約は家電量販店や取り扱い店舗で行うことができます。新
規契約はできるのですが、機種変更は直営の店舗もしくはインターネットでの申し込みに
なります。家電量販店では機種変更はできない場合がありますので先に確認しておく方が
いいでしょう。また、契約の変更やプランの変更も家電量販店ではできない場合が多いで
す。SIMフリー端末を家電量販店で購入することはできます。
新しい機種を契約の格安SIM会社で購入する場合と、SIMフリー端末を購入して利用す
るかによっても方法が変わります。新しい端末を契約の格安SIM会社で購入する場合は取
り扱い店舗へ来店が必要です。
SIMフリー端末を購入後に新しい端末として利用する場合はお店に来店しなくても自分
で変更を行うことができます。現在利用されているSIMカードはnanoSIMと呼ばれるもの
が主流です。変更後の新しい端末と現在の端末のSIMカードのサイズが一緒であればSIM
カードを入れ替えることでそのまま利用することができます。初期設定は自分でする必要
はありますが、そこまで難しくはありません。言語を選んだり、アカウントの入力を求め
られるだけなので自分で行うこともできるでしょう。
SIMカードを入れ替えた時点で通信が入れ替わります。そのため、カードを入れ替える
前にデータの移行はしましょう。また、スマホの補償に加入している場合はSIMフリー端
末に変更した時に自動では補償は変更されません。そのため、インターネットから自分で
変更手続きを行う必要があります。変更をしないと、以前の端末に補償が残ったままにな
り補償を受けることができなくなる可能性があるので、SIMフリー端末に変更しそのまま
利用する場合は補償の入れ替えを忘れずに行いましょう。
大手三社ではSIMフリー端末や中古の端末には補償を利用することができませんが、格
安SIM会社では他で購入した端末にも補償が利用できることは格安SIM会社のメリットで
す。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました