在宅勤務で再注目!2台持ちに最適格安SIMはどこか徹底検証

在宅勤務で再注目されている2台持ちに最適な格安SIM会社はどこなのかご紹介します。
2台持ちをする事でどのようなメリットがあるのでしょうか。また、格安SIM会社で持つメ
リットはあるのでしょうか。
♦2台持ちをするメリット
♦格安SIM会社で激安で2台持ちができる!?
♦2台持ちにオススメな格安SIM会社は?
♦2台持ちをするメリット
スマホ1台で何でもできる今、2台持ちするメリットとは何があるのでしょうか。
⑴ビジネス用とプライベート用の使い分け
在宅勤務をするにおいて、オンライン会議などのやりとりが増えています。オンライン
でビデオ通話を行う以外にも、電話でのやりとりもあるでしょう。そんな時に、使い分け
ることができるのが2台持ちのメリットの1つです。使い分けるとで、プライベートとビジ
ネスのデータを分けることもできますし、気持ち的な切り替えもできます。1台でプライベ
ートとビジネス用を同時に利用することは、充電の減りが速かったり、本体容量の減りが
速くなってしまうデメリットがあります。2台持ちをすればそのようなデメリットの改善に
も繋がります。
⑵利用方法によって使い分けることができる
1台目のスマホは連絡で利用し、2台目で画面の大きなタブレット端末を動画を見たりサ
イト検索で使うことで使い分けをすることができます。使い分けをするメリットは電池の
節電や同時に違うコンテンツの利用ができる事などがあります。在宅勤務において同時に
同じ事ができる事は大きなメリットになります。1台では情報の確認をしながら2台目で連
絡を取ったりできるため、画面の切り替えが不要です。
⑶親子で利用できる
お子さんがいる家庭であれば、お子さんが自宅に一緒にいる時にスマホを使いたがるこ
とがあると思います。しかし、1台で全てのことを使っている場合は同時に利用することが
できないため不便に感じることもあると思います。そんな時に2台持っていれば、それぞれ
使うことができ、急な連絡時にも心配がありません。使いすぎで急に電池が切れてしまう
こともないでしょう。
2台持ちの最大のメリットはやはり使い分けができることです。使い分けるメリットにつ
いて一部ご紹介しましたが、他にもたくさんメリットはあります。スマホの小さいが画面
では不便なこともタブレット端末のような大画面で利用することでストレスフリー利用で
きます。YouTubeなどのエンタメコンテンツをよく利用する方には時にタブレット端末の
利用をオススメします。
♦格安SIM会社で激安で2台持ちができる!?
格安SIM会社では2台持ちをする場合、親回線とデータ量のシェアをすることができる会
社があります。シェアをすることで激安で2台目の契約をすることができます。データ量の
シェアができる格安SIM会社では大体1,000円程で2台目以降の追加が可能です。また、
SIMタイプによっては無料で2台目の追加ができる会社も存在します。今回はデータ量のシ
ェアができる2社の料金をご紹介します。
⑴シェアされる端末の月額料金
①BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルではどのSIMタイプでもデータ量のシェアが可能です。BIGLOBEモ
バイルは利用できる回線がau回線とドコモ回線の2つです。
・データ専用SIM  月額200円(ドコモ回線のみ)
・SMS付きデータ専用SIM  月額320円
・音声通話SIM  月額900円
データ専用SIMはドコモ回線のみ契約ができます。最大5回線でデータ量のシェアが可能で
す。
②OCNモバイルONE
OCNモバイルONEもBIGLOBEモバイルと同じようにどのSIMタイプでもデータ量のシ
ャアが可能です。OCNモバイルONEはドコモ回線です。
・データ専用SIM  月額400円
・SMS付きデータ専用SIM  月額520円
・音声通話SIM  月額1,000円
料金はBIGLOBEモバイルと比べて少し高いですが、あまり変わりありません。OCNモバ
イルONEも、最大5枚でデータ量のシェアが可能です。
⑵シェアで追加する端末の初期費用と解約金
①BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルではどのような契約をしたとしても手数料は同じです。
・SIMカード追加手数料  3,000円
・SIM準備料  394円
上記の2つの金額が必ずかかります。合計で3,394です。最低利用期間があり、契約した月
を含む12ヶ月間です。12ヶ月間に解約やMNPを行なった場合は1,000円の解約金が発生し
ますが、12ヶ月が経つといつ解約しても解約金は発生しません。
②OCNモバイルONE
OCNモバイルONEは申し込み方法やSIMタイプによって料金が変わります。
・新規で容量シェアも同時に申し込んだ場合
全てのSIMタイプでSIMカード追加手数料無料ですが、SIMカード手配料394円は必要で
す。
・既にOCNモバイルONE契約者で追加で容量シェアを申し込む場合
データ専用SIM・SMS付きデータ専用SIMはSIMカード追加手数料1,800円+SIMカード手
配料394円が発生します。音声通話SIMを追加する場合はSIMカード追加手数料3,000円
+SIMカード手配料394円です。
現在はキャンペーン中でどのSIMタイプでもSIMカード追加手数料は無料です。
初期費用についてはOCNモバイルONEが安いです。現在はキャンペーンで追加手数料は
無料なので394円で追加することができます。
♦2台持ちにオススメな格安SIM会社は?
より料金を抑えて利用したい方にはOCNモバイルONEがオススメです。理由は子回線に
当たるシェアされる端末の料金はあまり差がないのですが、親回線の料金がOCNモバイル
ONEの方が安く、データ量の種類も多いためです。また、初期費用についてもOCNモバイ
ルONEがキャンペーン中なので安いです。キャンペーンの終了時期については現在(2020
年4月)まだ未定です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました